ニッポン発 無人革命

日経ヴェリタスという週刊誌??
をご存知でしょうか?

毎週日曜日に、日本経済新聞社より発行されるのですが。

2012年7月1日発行の第225号の一面トップです。

ニッポン発 無人革命

内容は、ヤマトホールディングス(俗にいうクロネコですね)の倉庫が、無人になった。

また、ポーラ化粧品の物流倉庫も非常に効率よくなり、人が少なくなったということです。

つまり、

人はいらない。 

と言うことです。

新しい、便利なものを作れば、雇用は減るのです。

考えてみれば、人は働きたくないから、新しい便利なものを作るのです。

一番良い例が、都会の駅です。

ずらっと並んだ自動改札機。

あれがなかった時代は、あれだけの人数の雇用があったのです。

今、雇用を守れというのは、新しい便利なものを開発するなと言っているようなものです。

雇用を守れという政治家の皆さん、そんなに雇用を守りたかったら、

自分の政党で雇用してください。

共産党さん、いかがですか?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック